2013年5月30日木曜日

「Midnight Special 1973」カルメン



イギリスでレコードデビューしましたが、メンバーはアメリカ出身というバンドCarmenが1973年10月に米NBCテレビの「Midnight Special」に出演した際の映像。デヴィッド・ボウイ(David Bowie)がメインで出演した時のゲストとして登場し、この時がテレビ初出演でした。

曲は1st「Fandangos in Space」から「Bulerias」。

[members]
David Allen(リード・ボーカル、ギター)
Angela Allen(リード&バッキング・ボーカル、キーボード、フラメンコ・ダンス)
Roberto Amaral(リード&バッキング・ボーカル、ビブラフォン、カスタネット、フラメンコ・ダンス)
John Glascock(ベース、バッキング・ボーカル)
Paul Fenton(ドラムス、パーカッション)
 
キーボードやカスタネットなど、メンバーが演奏していない音がふんだんに使われていますので、ボーカル以外はテープによる演奏かもしれません(カラオケ状態)が、熱いパッションは十分に伝わってきますね。

アルバムでも特にこの冒頭曲はスリリングな名曲ですが、パルマ(手拍子)やサパテアード(足拍子)の音だけでなく、実際にフラメンコ舞踏として目の前で繰り広げられると、熱気もさらに高まります。

デヴィッド・アレンの粘っこい歌にアンジェラの女性としては太い声もかなり個性的。そしてフロント4人がボーカルを取るという迫力は、実は踊りと同じくらいフラメンコ色(エスニック色)を醸し出しているのかもしれません。洗練された歌声とはちょっと違う、荒っぽいけれど野趣あふれるハーモニーは、このバンドの大きな魅力でしょう。

最後に少しだけデヴィッド・ボウイのステージが映りますので、同じステージに立っていたことがわかります。

0 件のコメント:

コメントを投稿