2021年7月11日日曜日

「Live in Tokyo 1975」Strawbs(ストローブス)


イギリスのバンド、ストローブスが、8thアルバムとなる最新作「Ghost(幻影)」のツアーで1975年に来日した際の、TV放送用スタジオ・ライヴ映像。NHKのスタジオに観客を入れて収録されたもので、1975年5月10日に「ヤング・ミュージック・ショー」で放映されました。

[members]
Dave Cousins - vocals, guitar 
Dave Lambert - lead guitar, vocals
Chas Cronk - bass guitar, vocals
John Hawken - keyboards
Rod Coombes - drums, percussion

[tracklist]
1. Lemon Pie
2. Remembering / You And I (When We Were Young) 
3. New World
4. The Life Auction
5. drum solo
6. Hero And Heroin
7. Just Love
8. Down By The Sea

各曲の収録アルバムは以下の通りです。
「Lemon Pie」、「
Remembering」、「You And I  (When We Were Young) 」、「The Life Auction」→幻影Ghosts)」(1975)

「New World」→「
グレイヴ・ニュー・ワールドGrave New World」(1972)

Hero And Heroin」、「Just Love」→「Hero And Heroin(ヒーロー・アンド・ヒロイン)」(1974)

「Down By The Sea」→「バースティング・アット・ ザ・​シームス(
Bursting at the Seams)」(1973)

アコースティックでポップなサウンドで出発したバンドが、リック・ウェイクマンの加入を機にトラッドやクラシック音楽を取り込み、次第にエレクトリック・バンド化も進みます。

この頃になるとさらにプログレッシヴ・ロックへと傾倒し、
ルネッサンスの初代キーボード奏者ジョン・ホーケンを迎え、「ヒーロー・アンド・ヒロイン」(1974)、「幻影」(1975)とアルバムを発表します。

そのジョン・ホーケンが、リック・ウェイクマンばりに、グランドピアノ、フェンダー・ローズ、黒いメロトロンM400S2台、ミニ・ムーグ2台と、キーボードの〝
要塞〟に陣取っているのが印象的です。

もちろんプレイの面でも、
美しいローズ・ピアノ、物憂いミニ・ムーグ、ドラマチックなメロトロンと、職人的な素晴らしい仕事をしています。

ライヴらしくアルバム以上に熱い演奏になっていて、
人懐こいメロディーの素晴らしさ、デイヴ・カズンズの独特なボーカル、三声のハーモニーの魅力に、ロックっぽい力強さが加わっているのも魅力ですね。

当時「幻影」をFMラジオで聞き、アルバムを入手し、いわゆるプログレッシヴ・ロックと言うには少し地味でポップ過ぎるかなと思いつつも、アルバムが愛聴盤になっていたこともあり、「ヤング・ミュージック・ショー」を食い入るように見た記憶がありますが、今見ても、実に安定した演奏による素晴らしいステージだったことが分かります。

本ツアー後にジョン・ホーケンはバンドを脱退し、イリュージョンに参加して2枚のアルバムを制作することになります。ジョン・ホーケンのプレイ映像としても、貴重なものと言えるでしょう。

2021年6月2日水曜日

「The Scene of Pale Blue live in 1987」アウター・リミッツ(Outer Limits)


海外での人気も高かったアウター・リミッツが、4thアルバム「ペール・ブルーの情景」(1987)をリリースした1987年1月に、横浜VIVRE21で行ったライヴ映像。

曲はアルバム・タイトル曲である大作「ペール・ブルーの情景」。


[members]
塚本周成:キーボード
川口貴:バイオリン、ギター
荒牧隆:ギター
桜井信行:ドラムス
上野知己:ボーカル、キーボード
石川 正:ベース


武蔵野音楽大学の学生であった、塚本周成、杉本正、川口貴の3人により結成されたアウター・リミッツは、塚本の本格的な作曲・オーケストレーションと、川口の華麗なバイオリンを特徴としたシンフォニック・バンドです。

2nd「ミスティ・ムーン」(1985)がインディーズで大ヒットし、「少年の不思議な角笛」(1986)が、フランスの「Harmonie」誌で80年代の世界のプログレ作品のベストアルバムに選ばれるなど、海外の人気も高まりました。

この「ペール・ブルーの情景」は、いわゆるLPアルバムの片面を使った大作ですが、クラシック音楽を文化的バックグラウンドとして持たない日本のバンドが、そのクラシックな技法を、楽曲面でも演奏面でも対等なレベルまで高めて、なおかつモノマネではないオリジナリティーあふれる音楽として結実させた名曲です。

複雑な楽曲を見事に再現する、メンバーの技量が素晴らしいですね。アルバムとは違って、終盤のギター・ソロのパートで、川口がバイオリンを弾きまくっているのが新鮮です。

2021年5月23日日曜日

「Song of The Marching Children live 1972」アース&ファイア(Earth & Fire)


オランダのバンドアース・アンド・ファイア(Earth & Fire)が1971年に発表した2ndアルバム「アムステルダムの少年兵(Song of The Marching Children)」から、1972年のテレビ出演した際の映像。

曲は、アルバムB面を費やした18分を越えるタイトル曲から、前半部分を抜粋したもの。


[members]
 Jerney Kaagman:リード・ボーカル
 Chris Koerts:ギター、エレクトロニクス、ボーカル
 Gerard Koerts:メロトロン、オルガン、ピアノ、シンセサイザー、フルート、ボーカル
 Hans Ziech:ベース
 Ton van der Kleij:ドラムス、パーカッション、ボーカル


そもそもは1970年に「Seasons」をヒットさせたポップ・バンドで、2ndからプログレッシヴ・ロック・バンドに変わりますが、その後またポップ・バンドに戻り、ディスコ調の「Weekend」というシングル・ヒットを飛ばします。
 
「アムステルダムの少年兵」は、次作「アトランティス」(1973)とともに、プログレッシヴ・ロック作品として、高く評価されているものです。特に1971年という、まだまだイギリスでもメロトロンを使っていたバンドは少数だった時期に、メロトロンを大々的に使用したことは、大きな特徴と言えるでしょう。

テンポは少しゆっくり目でしょうか、でも忠実にそして丁寧に、アルバムを再現していることが分かります。基本がポップなので、大作になっても、メロディ&歌がしっかりしているところが魅力です。ジャーニー・カーフマンの力強いボーカルが良いですね!