2013年9月27日金曜日

「French TV 1973」ザオ



フランスのジャズ・ロックバンドZaoが、1973年に行なったTV番組用スタジオライヴ。曲は傑作1st「Z=7L」(1973)から「Marochsek」。

[members]
Mauricia Platon(ボーカル)
Francois Cahen(キーボード)
Yochk'o Seffer(ソプラノ・サックス、バス・クラリネット)
Jean My Truong(ドラムス)
Joel Dugrenot (エレクトリック・ベース)
Jean-Yves Rigaud(エレクトリック・バイオリン)

Zaoは、Magmaのメンバーとして2nd「1001° centigrades」(1971)で共演したヨシコ・セファーとフランソワ・カーンが、Magmaを脱退して結成したバンド。アルバムを出すごとにMagmaの影は薄れ、後にバイオリンにディディエ・ロックウッド(Dedier Lockwood)を迎え、4th「Kawana」(1976)というテクニカル・ジャズ・ロックの名盤を作り上げます。

このライヴが行なわれた1st「Z=7L」の時期は、唯一ムリーシア・プラトンという専任女性ボーカリストを擁していいて、Zaoの歴史の中でも特異な編成と言えます。

彼女のボーカル(スキャット)には、美しく力強い声で怪しいメロディーを反復するという、Magmaのコーラスにも似た雰囲気があります。しかし脅迫的なMagmaのコーラスに比べ、その声量と声の良さのため呪術的ボイスパフォーマンスとモダンなジャズ・スキャットを融合させたような不思議な魅力を醸し出しています。

バックの演奏もパワフルなインタープレイという感じではなく、雰囲気を大事にした堅実なもの。それでもこのゆったりした流れに漂う緊張感は素晴らしいですね。セファーとカーンに目がいきがちですが、リズムセクションの二人の的確なプレイも光ります。

冒頭で、アルバムと同じように「Zao!」という叫び声が聞こえます。Magmaの「Hamatai!」を思い出してしまいましたが、Magmaの影もちらつきながら非常にオリジナリティの高いサウンドという点では、後のインスト・ジャズ・ロック期にも匹敵する個性を感じさせてくれるライヴです。

0 件のコメント:

コメントを投稿