2013年9月7日土曜日

「Live at the Bath Festival 1970」ピンク・フロイド



Pink Floydが1970年6月にBath Festivalに参加した時の貴重な映像。ブラスとコーラスが入った演奏で、曲は「Atom Heart Mother」(1970)から大曲「Atom Heart Mother」。

[members]
David Gilmour(ギター、ボーカル)
Nick Mason(ドラムス)
Roger Waters(ベース、ボーカル)
Richard Wright(キーボード、ボーカル)


Bath FestivalはSantana、Led Zeppelin、Frank Zappa、Fairport Conventionなどが出演したかなり大きなフェスティバルだったようで、そのためこうした映像が残っていたのだと思われます。

「Atom Heart Mother」は1970年1月が初演、以来ライヴのレパートリーになっていきました。当初はメンバー4人による演奏によるインスト曲でしたが、前衛音楽家ロン・ギーシン(Ron Geesin)の協力を得て10月に発売されるアルバム収録の最終形へと大きく変貌していくことになります。

そしてこのBath Festivalでブラスとコーラスが加わったアルバムに近いバージョンが初披露されます。曲名が「Atom Heart Mother」になるのは9月の「BBCコンサート」出演時なので、ここではまだ「Amazing Pudding」と紹介されています。

初演ということもあってか、演奏には少し間延びしたようなたどたどしさが感じられますが、洗練されていない分、ロックバンドとブラスとコーラスがぶつかり合うような荒々しさがまた魅力ですね。オーケストラではなくブラス隊ので、チェロのソロ・パートなどもブラスが奏でています。キレたようなコーラス隊が印象的です。

0 件のコメント:

コメントを投稿