2013年11月28日木曜日

「Saint Quentin 1976」マグマ



フランスのバンドMagmaがフランスのTV番組で取り上げられた際の映像。インタビューをはさみながら1976年2月にサン・カンタン(Saint Quentin)で行なわれたライヴの様子を見ることができます。

[members]
Christian Vander(ドラムス、ボーカル)
Stella Vander(ボーカル)
Klaus Blasquiz(ボーカル、パーカッション)
Gabriel Federow(ギター)
Bernard Paganotti(ベース、ボーカル)
Benoit Widemann(キーボード)
Didier Lockwood(バイオリン)

[set ]
1. Köhntark
2. Theusz Hamtaahk
  ※ いずれも抜粋

この1976年1月〜3月のツアー・データによりますとキーボードにはBenoit WidemannとPatrick Gauthierの二人がクレジットされていますが、映像を見る限りキーボード奏者は一人です。正面からのショットが無いので分かりづらいのですが、恐らくBenoit Widemannではないかと思われます。

何より素晴らしいのは、傑作「Live」(1975)収録時のメンバーによるライヴ映像であることでしょう。ディディエ・ロックウッドの凄まじいバイオリンが聴けるラインアップで、「Live」にも収められていたKöhntark」のクライマックス部分を見ることができます。

甘いマスクロックウッドと恐ろしげなMagmaという取り合わせが興味深かったこともあるのでしょう、カリスマ的なリーダーであるクリスチャン・バンデに加えて、この時点で20歳だった初々しいディディエ・ロックウッドもインタビューされています(ロックウッドの生年月日は1956年2月11日なので、「Live」収録の1975年に“17歳”だったと書かれていたりすることがあるのは誤りです)。

そもそもMagmaの曲はどれも長いので仕方ないかと思われますが、インタビューをはさんだライヴ映像と言うよりは、ライヴ映像をはさんだインタビューという趣きです。インタビュー内容も気になりますが、やはりライヴ演奏のフル映像がぜひ見たいところですね。

観客の気配が感じられないことや、映像のラストで演奏が唐突に終っている感じがすることなどを考えると、ライヴそのものではなくリハーサルの映像なのかもしれません。

それでもMagmaというバンドの共同体的な異質さや、完璧なアンサンブルによってもたらされる呪術的な高揚感は、リズムに乗って身体を揺らすメンバー達の姿を実際に見ることによって、さらに強烈に伝わってきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿