2015年3月30日月曜日

「Palepoli 1972」オザンナ



イタリアのバンドOsannaが、1972年にローマで行なわれた“Festival Avanguardia e Nuove Tendenze(前衛と新しい潮流の音楽の祭典)”に参加した際のライヴ映像。イタリア国営放送Raiのテレビ映像。

曲は2nd「Milano Calibro 9」(1972)からの曲「Variazione VI」と番組内でも表示されていますが、実は大傑作「Palepoli」(1973)収録の「Animale Senza Respiro」の一部です。アルバムはイタリア語ですが、本映像では英語で歌っていますね。

[members]
Elio D'Anna(フルート、テナー&バリトン・サックス)
Lino Vairett(ボーカル)
Danilo Rusici (ギター)
Lello Brandi(ベース)
Massimo Guarino(ドラムス)

いくつか映像が残されていながら生演奏のものが無いOsannaの、唯一と言って良い、生演奏が堪能できる、とても貴重な映像と言えましょう。安定感がありながら荒々しいエネルギーに満ちた、Osannaらしい姿を見ることができます。

途中カットされたような感じなのが残念で、ぜひ完全版を見たいものですが、それでもその存在感は圧倒的。特にLinoのボーカルはとても魅力的ですね。

ちなみに映画「ミラノ・カリブロ9」は、カルト人気を誇るイタリアB級アクションの帝王フェルナンド・ディ・レオ監督作品で、バイオレンス満載(殴る蹴る、銃で撃つ、果てはダイナマイトで爆殺する!)なアクション映画。イタリア映画音楽界の名匠ルイス・エンリケス・バカロフの美しいストリングス・アレンジにOsannaのヘヴィな音をぶつけるぐらいの激しさがないと、映画の濃さに釣り合わなかったのかもしれません。


「Milano Calibro 9」はイタリア語読みなら「ミラノ・カリブロ・ノヴェ」と発音します。「Milano」はイタリア北部の都市名、「Calibro 9」はピストルの「9mm口径」で、インチ表示でいうところの「38口径」(0.38インチ口径)に相当する拳銃を指していると思われます。実はいかにもマフィア&アクション映画のタイトルっぽいのでした。

2 件のコメント:

  1. ミラノカリブロかと思ったら、これパレポリじゃないですか!すごい。女声コーラスといい、幻のライブですね。

    返信削除
    返信
    1. ご指摘ありがとうございました!
      さっそく訂正させていただきました。
      「Milano Calibro 9」に該当箇所がなくて困っていたのですが、「Palepoli」だったとは!

      削除