2013年5月27日月曜日

「Old Grey Whistle Test 1979」ブランドX



イギリスのテクニカル・ジャズロック・バンドBrand Xが、1979年6月にイギリスのTV番組「Old Grey Whistle Test」用に行なったスタジオライヴ映像。

曲は5thアルバム「Product」(1979)から「...And So To F... 」。

Phil Collins(ドラムス、パーカッション、ボーカル)
John Goodsall(ギター、ボーカル)
Robin Lumley(キーボード)
Peter Robinson(キーボード)
Percy Jones(ベース)

冒頭に入っているフィル・コリンズへのインタビューではGenesisの活動についての話題も。Genesisは丁度「...And Then There Were Three...」(1978)を出して、「Duke」(1980)発表前という時期です。やはりメディアではGenesisの活動への関心が高く、Brand Xも「Genesisのフィル・コリンズが参加しているバンド」という捉え方がされていたことが伺われます。

それはさておき、この時のメンバーはツワモノ揃いです。特にアルバム「Product」は新旧2チームによるセッションアルバム的なものであるため、結果的にここに集まったメンバーは誰もが強烈な個性とテクニックを兼ね備えた5人。

キーボードの高速パッセージに導かれて、凄まじい9拍子(4拍子+5拍子)アンサンブルが始まります。フィルのボーカルが入ると8拍子にリズム・チェンジ、でも突進する迫力と勢いは少しも衰えません。フィル・コリンズのドラミングは本当に素晴らしいですね。全体を包み込んで押し上げて行くようなドラミングです。

ジョン・グッドソールの早弾きギターも、パーシー・ジョーンズのフレットレスベースも、一糸乱れぬいうよりは、むしろ余裕で楽しんでいる感じ。この、超絶技巧なのにポップテイストが感じられるところがまたBrand Xらしいと言えるかもしれません。

さぁこれから…というところで終ってしまうのが残念ですが、サワリであってもBrand Xの凄さが実感できる映像だと言えるでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿