2013年1月23日水曜日

「A Plague of Lighthouse Keepers - Live, Belgian TV, 1972」ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーター



現在もトリオで精力的に活動しているVan der Graaf Generatorの1972年ベルギーTVのスタジオ・ライヴ。曲は1971年発表の傑作「Pawn Hearts」に収録された23分を越える大作メドレー「A Plague Of Lighthouse Keepers」です。

この「Pawn Hearts」は、完成後にバンドが一旦活動停止してしまうくらい全精力を注ぎ込んだ作品。ロバート・フリップ(Robert Fripp)もギターで少しだけ参加していますが、 それすら消し飛んでしまうくらいバンドのヒリヒリするような緊張感が全編を貫く凄まじい内容です。

なんと言ってもピーター・ハミルの情念を叩き付けるようなボーカルが強烈ですが、教会のオルガンを感じさせつつ今よりかなり実験的な音を出すヒュー・バントンも、タメのあるリズムで突進してくるガイ・エヴァンスも、もちろん唯一立って演奏しているサックス2本同時プレイが得意技のデイヴィッド・ジャクソンも、皆十分な存在感を発揮しています。

Peter Hammillのボーカルだけでなく、ギターもベースもいないという特異な編成でHugh Bantonがベースペダルで低音を支えているというのも、バンドの音に通常のバンドにはない緊張感を与えているように思います。 

序盤に映し出されるキャンドル以外は実に素っ気ないスタジオで、バンドの使用楽器もシンプルそのものですが、とにかく混沌としたパワーに圧倒される演奏です。